リフォームにまつわる家屋解体や外構工事について

カテゴリ

ニュース

住宅を一新する

isshin

一軒家などでは、リフォームと呼ばれる住宅の改修工事が行われることが多い。
一般的にこの施工は、築年数が10数年以上経過した住宅などで行われることが多く、耐震性の向上や外観の変更、間取り変更などを行なう。
希に集合住宅でもリフォームが行われることもあるが、部屋が隣接している状態での工事となるため、その際には一室のみではなく、集合住宅全体でリフォームが行われるケースであることが多い。

ちなみにリフォームという言葉は和製英語であり、英語でこの言葉の意味にあたる単語は「renovation」である。平成に入りほか特別を付けるために「リノベーション」と明記する業者も存在する。
一応英単語として「reform」という言葉は存在しているが、その場合は「作り直す」や「改心する」などの意味になり、住宅向けに利用されることはあまりない。
また、リノベーション以外に「rehome(リホーム)」と表記する業者も存在している。

一度戻す施工

家屋解体とは、言葉の指すとおり家屋の解体である。
この場合は一軒家、大きくても長屋など平屋もしくは2階建て程度の住宅を指す。
海外ではダイナマイトを用いた家屋解体のひとつである、ビル解体が存在しているが、日本国内では敷地と周囲の住宅条件からビル解体を行うことは不可能である。
そのため、大型住居を解体する場合は防音壁を設置し、放水を行いながらショベルカーや鉄球で打ち崩して解体を行う。

家屋解体を行うときには、周囲への住宅へ挨拶や粗品を持参する場合もある。
とくに住宅街などでは民家が密集し、騒音被害が広まりやすいためお詫びとして前もって粗品を配るのがマナーとされている。その際は家屋解体の依頼者が直接配るか、業者のスタッフが代行する。

外構とは

gaikou

外構とは、エクステリアとも呼ばれるスペースである。
軒先や玄関先のスペースなどを外構と呼び、ガーデニングスペースなどにする場合には外構工事を依頼することとなる。
また、レンガやカラーセメントを用いて外観を美しくすることも外構工事では可能である。

外構工事の主な目的は道路と家の境目を形作ることにある。
たとえば、植物などでプライバシーを保護する、スペースを確保しテラスなどを作るなど境目のつくり方は個人と業者の相談によって決定する。
一般的に外構工事は住宅建設と同時に行われるが、改築の一種としてエクステリア工事を行うこともある。

外構を設計するときの注意点は、道路(自身の私道などを除いて)に個人の所有物は置いてはならないということである。
多少のはみ出し程度なら許容されることもあるが、交通に支障が出るほどはみ出すと行政指導を受ける可能性が高い。


関連サイト

港北区でリフォームをするならココがオススメです|シュアーズ


おすすめ

keiyakumae

契約の前に

家屋解体を行うときは、事前に解体業者と契約しておく必要がある。その際に…

エクステリアの重要性

ekusuteria

外構工事はエクステリア施工と呼ばれることもある。エ…

造園

zouen

造園とは文字通り庭を作ることであるが、今日ではその…

キッチン

キッチン

キッチンとは、住宅において調理をする場所の事をいう…